たまりば

  スポーツ スポーツ  立川市 立川市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

2012年02月19日

坂下門にてお見舞い記帳(天皇陛下のご回復を祈る)



東京駅丸の内中央改札口を出て、皇居に向かって行幸通りを歩く。

パレスサイクリング

TCAの大勢のお仲間がサイクリングのお手伝いをしているので、

挨拶をするために、ちょっと遠回りをして馬場先門まで歩く。

毎週、我孫子市からお手伝いに参加されているT田さんに坂下門へ

行くことを伝えると、この先の信号を渡ると良いとのお話を頂く。

写真のように、雲一つ無い晴天下に、天皇陛下の術後の

ご回復を祈るために、多くの方々が記帳に訪れていました。





記帳所の一番奥の坂下門寄りに並んで記帳をしました。



生まれて初めての記帳でしたが、記帳用紙はシンプルで、

都道府県名と氏名の記帳でした。

隣の記帳者は茨城県の方でした。

ところが、私の後ろに並ばれた方が、お話を聞いてみると、

何とイングランドからの男性記帳者でした。

上手に説明できないので、・・・。

受付の皇室担当者に、イギリスの方ですので・・・とお話しすると、

クリアケースに入ったA4版に半分ほどの英文説明書が出され、

私半分読んでいるうちに、ご理解頂いたようでした。

嬉しいやら、ビックリするやら・・・。でした。



少し歩いて、二重橋を近くでじっくりと拝見しました。

手前が石造り、奥のやや高い位置にあるもう一つの橋は、

鋳鉄製に見えました。二橋で二重橋でした。

日差しと、木漏れ日の中に美しい二つの橋が綺麗に佇んでいました。











綺麗でした。
  


  • Posted by マーク内田 at 21:32Comments(0)皇居・記帳
    新規投稿

    新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
    < 2017年12月 >
    S M T W T F S
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31            
    オーナーへメッセージ
    アクセスカウンタ
    プロフィール
    マーク内田
    マーク内田
    東京サイクリング協会(任意団体・創設58年)にて、サイクリングの企画、運営、参画とFacebook、ブログ、ツイッター等で楽しんでいます。
    読者登録
    メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
    現在の読者数 2人
    ※カテゴリー別のRSSです
    QRコード
    QRCODE