たまりば

  スポーツ スポーツ  立川市 立川市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

2011年03月19日

立川市生活安全課からの見守りメール3/19 18:00発表

3/19 18:00発表:立川市 市民生活部 生活安全課からの携帯メール情報です。
以下が携帯にメールされた、全文です。

17:53現在、東京電力からの情報です。
明日(3/20)の計画停電は、全てのグループで中止となりました。

明後日(3/21)以降、立川市で予定されている計画停電は以下のとおりとなります。

3月21日(月・祝)
〈第3グループ〉
18:20~22:00
〈第4グループ〉
6:20~10:00
13:50~17:30(供給不足が懸念される場合のみ実施)

3月22日(火)
〈第3グループ〉
15:20~19:00
〈第4グループ〉
18:20~22:00

3月23日(水)
〈第3グループ〉
12:20~16:00
〈第4グループ〉
15:20~19:00

3月24日(木)
〈第3グループ〉
9:20~13:00
16:50~20:30(供給不足が懸念される場合のみ実施)
〈第4グループ〉
12:20~16:00

3月25日(金)
〈第3グループ〉
6:20~10:00
13:50~17:30(供給不足が懸念される場合のみ実施)
〈第4グループ〉
9:20~13:00
16:50~20:30(供給不足が懸念される場合のみ実施)

※同じ日の第2回目の計画停電は、電力の供給不足が懸念される場合に実施されます。

※計画停電については、東京電力の判断により停電を実施しない場合があります。よって、計画停電の時間帯に入っても停電していないことがありますが、計画停電が中止になっ
たわけではなく、計画停電の終了予定時間となるまで停電となる可能性があります。

※現在、立川安全安心見守りメールでは、東京電力による立川市内の計画停電の情報を随時送信しています。
なお、見守りメールの登録希望者が日々増加していることから、新しく登録された皆様にも広く情報をお伝えするため、同じの内容の見守りメールを送信する場合がありますのでご了承ください。
---
立川市 市民生活部 生活安全課
  


  • Posted by マーク内田 at 19:10Comments(0)計画停電・輪番停電

    2011年03月19日

    震災一週間のスーパーマーケット

    本日の昼過ぎ、多摩地区に多くのチェーン店を持つスーパーマーケットの食料品売り場の陳列棚の様子です。

    牛乳関連の商品ケース(↓)


    パン製品の商品ケース(↓)

    言葉が、ありません!!!
    三連休前の買いだめ・・・???とでも、しておきましょうか?
      


  • Posted by マーク内田 at 15:45Comments(0)まちなか散歩

    2011年03月19日

    あなたのできること・・・をすれば!!その2

    わたしのできること、あなたのできること・・・をすれば、あなたも、わたしも幸せになることでしょう。
    東北関東(東日本)大震災(東北地方大平洋沖地震)から早くも一週間が過ぎました。
    そろそろ外部からのボランティアが必要になるとお考えでしょうか?いえ、まだまだ少々早いと思います。
    東京ボランティアセンターもTOKYO-MXテレビにて、テロップを流していますが、わたしは、下記の理由にて、時期尚早であると思います。

    *阪神淡路大震災のケースとは、状況の大きな相違があります。
    ・都市内震災と地方部震災
    ・被災規模の相違(小地域大規模・広範な地域の大機後)
    ・原子力発電所の災害の有無

    これらの相違が時期尚早の遠因です。したがって、今必要なボランティアの形態は、

    ①近県(山形・秋田・青森・新潟)のボランティア活動に期待するのです。
    ②未だ、物資の輸送にウエイトをおかれている現在は、遠方からのボランティアは適切ではない。
    ③それでも、全国のNGO,NPO活動組織は、人材の派遣を考えていることでしょう。
    ④これは、日本海側経由での応援活動・支援ができますね。
    ⑤政府関連の物資輸送が東北自動車道経由、国道4号線、7号線経由の大動脈をレールにし、被災地域への配送を工夫していることでしょう。
    ⑥しかし、TV報道によると、被災地の隅々には物資が至っていないこと、物資の増強が必要な公共施設等からの苦情・要望がまだまだ、かなりありますね。

    このような現状を鑑みれば、自ずと判断できますね。

    ・個人による支援は、もう一度、本文章のタイトルを思いましょう。
    ・ボランティアは、お住まいの近くのNPO活動組織等に問い合わせをして、その時期を尋ねましょう。

    ・この機に、省エネ協力、不要不急の移動は実施しない。
    ・不要不急の買い物は、大いに控えましょう。

    これらが今、あなたのできること・・・ではないでしょうか?

    わたしの幸せですが、既報の記事(Google 安否情報)に記しましたように、私事ですが知り合いの安否が早々にGoogle Person Finder において確認できたことです。

    れがわたしのできたこと。
    これが被災者と私が幸せを共有できたこと。
    これが、嬉しかったことです。
      


  • Posted by マーク内田 at 10:15Comments(0)災害ボランティア
    新規投稿

    新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
    < 2011年03>
    S M T W T F S
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31    
    オーナーへメッセージ
    アクセスカウンタ
    プロフィール
    マーク内田
    マーク内田
    東京サイクリング協会(任意団体・創設58年)にて、サイクリングの企画、運営、参画とFacebook、ブログ、ツイッター等で楽しんでいます。
    読者登録
    メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
    現在の読者数 2人
    QRコード
    QRCODE