たまりば

  スポーツ スポーツ  立川市 立川市

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

2011年11月28日

名取市閖上(ゆりあげ)の復興支援のブログ

名取市閖上(ゆりあげ)の復興支援のブログ 東日本大震災で大きな被害を受けた名取市ゆりあげを支援していくブログです。

最新ニュースより、名取市閖上(ゆりあげ)で開かれた『震災復興 市民100人会議』の意見交換会のYouTubeです。


名取市閖上復興支援のブログ① バス通り


名取市閖上復興支援のブログ② 閖上1丁目周辺


名取市閖上復興支援のブログ③ バス通り


名取市閖上復興支援のブログ④ 4月20日の閖上公民館付近


名取市閖上復興支援のブログ⑤ 閖上小学校前の田んぼだったところ


名取市閖上復興支援のブログ⑥ 自宅のすぐ横でガレキ撤去してる様子を見る父


名取市閖上復興支援のブログ⑦ 4月23日の閖上1丁目近辺


名取市閖上復興支援のブログ⑧ 4月23日の閖上5丁目近辺


名取市閖上復興支援のブログ⑨ 4月28日の閖上海への橋近くのガレキ置き場


  


  • Posted by マーク内田 at 23:57Comments(0)激甚災害・災害復旧

    2011年11月27日

    UK バークレイズサイクル レンタル

    BarclaysCycleのYouTubeチャンネルを、ご紹介します。





    ロンドンオリンピックを前に、市内は地下鉄や道路の整備に喧しいようです。


    東京オリンピックの時もそのようでしたね。


    バークレイズサイクルの動画を三編ご覧頂きます。


    バークレイズサイクルレンタルへのガイド


    バークレイズサイクルレンタル - 安全ビデオ



    レジャー用バークレイズサイクルレンタル
      


  • Posted by マーク内田 at 11:03Comments(0)自転車一般

    2011年11月27日

    CGによる宇宙擬似体験

    とにかく、ご一見下さい。

    Cupola


    CYGNUS


    SPACE SECURING CITIZENS
      


  • Posted by マーク内田 at 09:11Comments(0)おすすめサイト

    2011年11月26日

    ニッポンのお茶の間 ピーチク

    ニッポンのお茶の間 ピーチク
    をご紹介します。



    ある同じ時間に、同じ番組を、離れた場所で共有している何万人もの人たち。

    彼らとリアルタイムにおしゃべりしながら、番組を視聴することができたら、

    世の中のテレビもラジオも、もっと面白くなるに違いない!

    そう、まるで日本中がひとつのリビングのように…

    ピーチクは、誰でも何処に居ても自由に参加できる、

    お茶の間サービスなのです。

    今やっているTV番組を見ながら、呟くのです。(全文コピー)

     
      


  • Posted by マーク内田 at 21:35Comments(0)ブレークタイム

    2011年11月21日

    七五三ポタリング?

    東京オーバル京王閣競輪場のケイリン選手宿舎
    多摩川会館一泊集中ランに参加しました。

    京王閣競輪場 多摩川会館玄関にて。


    初日は強雨にみまわれ、翌日は一転して秋晴れの絶好のサイクリング日和でした。


    大国魂神社を参拝。七五三祈願で喧しい。


    深大寺本堂前も、七五三の晴れ姿が沢山いました。


    深大寺境内の樹木足下に配置された、宇宙人?(道祖様)。























    深大寺そばを食し、ここで、グループ走行離脱。
    多くの参加者は、都心に向かう。


    私は、東八道路を西へ。お疲れ様でした。
    野川公園までは、自転車通行帯をなるべく走行した。







    ついでに、多磨墓地に立ち寄り、お墓参りを。

    秋晴れのポカポカ陽気の、至福なひとときを過ごしました。
      


  • Posted by マーク内田 at 10:22Comments(0)サイクリング

    2011年11月14日

    2011全日本7時間耐久サイクリングin袖ヶ浦

    2011全日本7時間耐久サイクリングin袖ヶ浦

    4時間耐久サイクリング・男女混合の応援に参加しました。

    結果は参加23チーム中の第9位。平均時速30.93 km/h。

    東京湾アクアライン~圏央道袖ヶ浦東IC経由で約1時間。

    袖ヶ浦フォレスト・レースウェイ(1周2.4km)で開催。

    Sode_2

    チーム戦略とチームワークが、結果を左右する本格的なチーム耐久レース。















      



  • Posted by マーク内田 at 11:00Comments(0)自転車耐久レース

    2011年11月10日

    3輪自転車がベビーカーに変身?!!




    これはキュート! 3輪自転車がベビーカーにトランスフォーム。

    変身までの過程の謎解きが面白い・・・。

    でも、正解を直ぐに観てしまった!!!

    自転車大国オランダから非常にユニークな自転車が登場した。

    子どもを乗せて移動することを前提とした3輪自転車だが、

    20秒で変形し、ベビーカーとしても使えるようになるという。

    見た目も機能も優れた、これぞモダンデザインといった自転車だ。





      


  • Posted by マーク内田 at 13:51Comments(0)自転車一般

    2011年11月08日

    立川市競輪事業の将来像検討委員会傍聴




    競輪事業の将来像検討委員会

    当日の朝9時過ぎに、立川市公営競技事業部に傍聴希望を電話し、受け入れられた。

    委員会開始15分前に競輪場本館2階事業部に駆け上がり、受付で傍聴希望電話の方ですね・・・。

    とのことで、氏名・住所を記入するも、一般傍聴者は私一人でした。

    既に2~3人の委員がテーブルに着席している。

    レジュメと資料を頂き、市役所のホームページであらかじめ読破していた

    議事録(要約)や参考資料を集大成したと思われる報告書(案)を手渡された。

    委員名簿も入手できており、テーブル上のネームプレートは読み取れずとも、

    座席配置と委員肩書きは直ぐに一致できた。

    最終の第4回委員会議論内容については、事務局の変更・加筆箇所の報告から始まり、

    ほぼ煮詰まった報告書(案)の確認が多かった。

    後半の雑談タイムでは、委員の個人的な本音が少し伺えたが、

    ケイリン不況の深刻さは伝わってこなかったな?と感じた。

    立川には、自転車屋さんの全国ブランド(なるしまフレンド)があること、

    非開催日の多くを、若い自転車アスリート(昭和第一学園高校自転車競技部)が利用し、

    今年はインターハイ総合優勝等で育っている。

    また、東京サイクリング協会も、年一回の『立川バンク・ピストトライアル』を開催し、

    東京オリンピックロードレース選手、ケイリン選手であった、

    大宮政志氏(昭和第一学園高校自転車競技部メカニック)のご指導の下、

    1Kmタイムトライアル記録1分22秒84(最速記録)の強者がいました。

    このように、地元関係者の多くの方々が、施設を有効利用していること、

    自転車・サイクリング等のカテゴリー領域を取り込むことによって、

    ケイリンの今後に光明が射すことに、一助したいと感じる。

    以下の『 』内は、立川市ホームページより、全文転載。

    『立川競輪の売上、入場者、開催経費、施設等の現状を分析し、

    車券売上浮揚策及び経営改善策を検討するために

    「立川競輪事業の将来像検討委員会」を設置しました。

     立川競輪は戦災復興のため昭和26年に開設し、

    これまでに1,300億円を超える金額を一般会計に繰出し、

    市財政に大きく貢献してきました。

    しかしながら、近年の急速な景気の悪化やお客様の高齢化等により、

    車券発売金額は年々減少の一途をたどっている状況です。

     そのため、今後安定的に収益を確保するために、

    標記の委員会を設置し、売上浮揚策や経営改善策について検討をしています。

     検討委員会は全4回を予定していて、日程は次のとおりです。

    第1回 平成23年 7月 7日(木) 14:30~
    第2回 平成23年 8月 9日(火) 14:30~
    第3回 平成23年 8月23日(火) 14:30~
    第4回 平成23年11月 7日(月) 14:30~(傍聴参加)

    ※場所はいずれも立川競輪場内の事業部会議室で開催されました。
      


  • Posted by マーク内田 at 12:48Comments(0)ケイリン

    2011年11月07日

    ドイツ・メルヘン街道サイクリングツアーあとがき

    ドイツ・メルヘン街道サイクリングツアー
    2011/05/31~06/11 (フランクフルト・アム・マイン ~ ブレーメン/ミュンヘン)
    *** ツアーの想い出 ***


    あとがき
    ・思い起こすと、この旅行の実施に至るまでに、数々の困難がありました。

    ・計画は一昨年よりNさんからお話しがあり、私もその気になって資料を調べ始めました。

    ・インターネットGoogle Mapからメルヘン街道を辿るルートを探し集め、連続地図とすべく切り貼

    りを行いルートマップを作成し、走行イメージを地図上でシミュレートし始めました。

    (今でも残してあります)

    ・ところが年が明けて、2010年4月14日(水)アイスランド南部 エイヤフィヤトラヨークトル

    氷河で火山が噴火。ヨーロッパ全土で、火山噴火による空港閉鎖等の処置がされた。

    フランクフルト国際空港も一時閉鎖された。

    ・これが大きな要因となり、昨年に計画されたツアーは中止を余儀なくされた。

    ・もう一つの原因は、私の鎖骨骨折が、ツアー中止の理由でしょう。

    ・2010年5月2日(日)、羽田空港滑走路したトンネル内歩道にて転倒自損事故を発生。

    めげずに、治療に励み2011年を迎える。

    ・2011年1月下旬、旅行代理店をJTB船橋に変更し、新たなる計画が発表されました。

    ・TCA常任委員会の席上でNさんから正式発表があり、仲間の参加を呼びかけました。

    ただし、この企画は、あくまでTCA有志によるツアーと言うことで、

    TCA事務局等にご迷惑の無いように配慮した。

    (NさんがTCAニュース2月号原稿作成)

    ・3月上旬に入り、参加人数が11名とほぼ確定し、

    JTB船橋・S担当とNさんの詳細打合せが開始される。

    ・3月4日(金)Uの骨折は、ボルトの抜釘手術が完了し、今後は本人のリハビリを待つ。

    ・そして、あの悪夢の東日本大震災を3月11日(金)にむかえます。

    しかし、参加予定者からのネガティブなお話しは一切無く、毎日の震災ニュースに見入っていました。

    ・4月に入り、JTBの要請により、参加者の輪行姿の自転車諸元情報がNさんによりまとめられた。

    ・4月5日(火)に参加予定者の顔合わせ会を、新宿伊勢丹開館で開く。

    Tさんのみ業務のため欠席し、JTB船橋S氏の参加がありました。

    ・いよいよ、ツアーの出発を2ヶ月余りに迫る中、Kさんの企画による

    サイクリング道路走行会が催されました。

    *第1弾 江戸川サイクリング 2011年4月8日(金曜日)(6名参加)
    集合場所と時間:武蔵野線吉川駅南口(なまず像付近)出発:10時
    目的地:関宿(せきやど)
    コース:三郷幸手自転車道(通称江戸川サイクリング道路)往復。
    吉川駅南口―玉葉橋―野田橋―金野井大橋―宝珠花橋―関宿橋―関宿城。
    コース概要:片道31km、往復62km、江戸川の土手又は川原の全線フラットなコース。
    信号機もほとんどありません。
    強風により、当初計画の変更を余儀なくされたが、満開の桜とサイクリングロード添いの菜の花がとても綺麗でした。

    *第2弾 荒川サイクリング 2011年5月6日(金曜日)(10名参加)
    集合場所と時間:赤羽駅東口9時20分 出発: 9時30分
    目的地:丸山公園(上尾市)
    解散場所と時間: 川越線(埼京線)指扇(さしおうぎ)駅15時(予定)
    コース概要:荒川の川原と土手をJ字型の往復50km、全線フラットなコース。
    牧場(アイスクリーム有り)や沈下橋(大雨では水に沈む)を訪ねる予定。
    赤羽駅東口-8.6-笹目橋-8.1-さくら草公園(秋ヶ瀬・おやつタイム)
    さくら草公園-9.2-治水橋-9.3-丸山公園(昼食)
    丸山公園-13.7(榎本牧場・樋詰橋)-入間川大橋-5.8(上江橋)-指扇駅(解散)
    注意:お弁当と10時のおやつを必ずご持参のこと。昼食が遅くなります。

    ・5月23日(月)JTB船橋での最終打ち合わせがあり、以下の方々が集合しました。
    (参加者:N、K、S、M、S、U)

    ・5月27日(金)Kさんのメールにより、輪行袋他手荷物の運送は、ANA系列の「スカイポーター」が最良であるアドバイスを受け、参加者はそれぞれ手配をされた。

    ・5月27日(金) Aさんより、参加できない旨の丁重なるE-メールを受理。残念。総勢10名でのドイツサイクリングツアーとなりました。

    ・5月31日(火)予定通り成田国際空港を出発。出発前、TCA会員のMさんが羽田から成田に転勤されており、見送りを受けました。その際、撮っていた集合写真は、“TCA-HP最近のTCA”に掲載されていました。Mさんありがとうございました。

    ・6月1日(水)(現地時間)朝食後、Kご夫妻より重大発表があり、急遽、東京へ帰国されることとなった。したがって、総勢8名でのドイツサイクリングツアーとなりました。

    ・6月1日(水)フランクフルト・ニーダーラート ~ 6月10日(金)ブレーメン
    10日間に亘る、ドイツメルヘン街道サイクリングツアー 480Km走破 8名にて完走。

    ・6月11日(土)夕刻、8名全員、成田国際空港に到着。

    ・6月12日(日)N団長は、TCA首脳部に無事8名の帰国をEメールにて報告済み。

    以上にて、全てのスケジュールが終了しました。

    長きに亘るドイツメルヘン街道サイクリングツアーをお楽しみ頂きありがとうございました。

    これにて、全行程(2011/5/31~2011/6/11)終了しました。

      


  • Posted by マーク内田 at 10:30Comments(0)ドイツサイクリング事情

    2011年11月04日

    Live!オーロラ (生中継)



    アラスカのオーロラを生放送で見ることが出来る。


    理科好きの子供達に、是非、見せたいですね、

    古賀祐三  (Live!オーロラ主宰)

    全文Wikipediaによる。

    古賀祐三(こがゆうぞう、1970年 - )は日本のエンジニア、クリエイターである。

    有限会社遊造代表。サイエンスコンテンツの演出、プロデュース他、

    インターネットを中心に講演会、イベント、ゲスト出演などで

    本物のオーロラ観測の素晴らしさを伝えている。

    オーロラ中継プロジェクト「Live!オーロラ」主宰。

    プロジェクトの遂行、中継システムの開発、Webサイトの開発、

    イベントプロデュース等全てを行う。

    Live!オーロラのシステムである、高解像度動画中継システム、

    静止画中継システム、データベース、配信システム等全てを開発した。

    早くからサイエンスコミュニケーション活動を行っており、

    民間による同活動のパイオニア的な存在でもある。

    有限会社遊造(ゆうぞう) U-ZO co,.ltd

    ツイッターのつぶやき

    2011年02月23日投稿ブログ
    『立川でオーロラを見た』

    国立極地研究所 南極・北極科学館にて開催していた

    ”北極域のオーロラ”と同じように、

    アラスカのオーロラを生放送で見ることが出来るのです。
      


  • Posted by マーク内田 at 21:39Comments(0)まちなか散歩

    2011年11月03日

    年賀状の季節

    郵便年賀.jp yubin-nenga.jp を紹介します。


    特にFacebookバージョンをお勧めします。

    貴方もFacebook を始めませんか?

    郵便年賀.jp yubin-nenga.jp 記念日カード&カレンダー(全文コピー)

    「Anniversary Card & Calendar 記念日カード&カレンダー」がバージョンUP!

    Facebookに刻まれた人生の物語を、素敵なショートムービーにして友達の誕生日

    に贈るバースディスペシャルムービーカード「Your Life Bus」を公開しました。

    Facebookの友達みんなで、お祝いできるカードです。ぜひご利用ください。

    友達に呼びかけて、みんなでお祝いできるスペシャルムービーカードの作成や、

    誕生日、結婚記念日など個人の記念日から、クリスマス、父の日など

    公の記念日まで。

    自分や友達のさまざまな記念日をカレンダーで一括管理でき、

    記念日には、友達にアニバーサリーカードが簡単に送れます。

      


  • Posted by マーク内田 at 09:52Comments(0)季節の彩り

    2011年11月01日

    ドイツサイクリングツアーの想い出~第11日目~(帰国へ)

    *あらすじ
    2011.05.31~06.11(11日間)ドイツメルヘン街道を北上し、
    マイン川、キンツィッヒ川、フルダ川、ヴェーザ川に沿うサイクリングロードを、ブレーメンまで走破してきました。
    フランクフルト空港近郊のニーダーラートに宿泊し、ホテルにほど近いマイン川自転車道を北に向かってスタートし、
    自転車走行8日間、8名(女性2名・男性6名)の団体にて全走行距離480Kmのサイクリング及び観光の旅を成し遂げました。

    *11日目 2010/6/10 ブレーメン(Bremen)→(Muenchen)→(Narita)

     天候:快晴→曇  サイクリング10日目(6/10) 

    1. 午前中の自由行動

    前日のハーメルンからのバス移動時は、自転車はばらさずにそのまま積込み移動し、

    ホテル別棟の地下ガレージに保管。我々は、早朝6時過ぎより輪行袋に納めた。

    多くの仲間は、前日部屋に持ち込んで袋詰めをしていました。

    午前9:15頃バスに積み込む。その後は、思い思いの観光と買い物へ。

    2. ADFCヘの訪問

    Nさんのかねてよりのお誘いで、全員で徒歩にて約25分、14時頃ADFC事務所へ向かう。


    ADFC(Allgemeiner Deutscher Fahrrad-Club)地区本部事務所に、


    CEO相当のMr.Horst Hahn-Klöcknerさんを訪問した。

    Nさんより、会員数やボランティア動員数等の通訳・説明を聞き、

    その組織力の強大さを知った。(このバッグを入手したかった!!)


    帰りのTaxiの到着が遅いのでヤキモキしながら待ち続け、

    やっと女性ドライバーの8名乗りのワゴン車が到着した。

    ホテルへは何とか間に合い、14:45過ぎにホテル前到着。

    3. ブレーメン空港へ


    ドイツ在住30年の現地ガイドMs.Nobuko Schorlingのガイドにてバスに乗車し、

    ブレーメン空港へ約15分で到着。

    空港では、6/5-6/10迄お世話になったバス運転手のMr. Dahl Wolfgang(ダールさん)とお別れ。

    彼は、全員と気さくなトークをしてきたので、(片言の日本語、英語、ドイツ語)少々、別れが辛かった。

    4. ブレーメン空港は安宅の関の舞台と化す

    国内空港のチェックにて、Nさんの歌舞伎大一番「勧進帳」の『安宅の関(あたかのせき)』が開演??

    ご一行様は何事もなかったように、自転車やトランクの一切の超過料金を支払わずに、機上の人となった。

     Nさんの後日談から、上記のオーバーのようでオーバーでない表現で記しました。

    5. ミュンヘン空港へ


    ブレーメン空港から約1時間20分にて、ミュンヘン空港に到着。


    国際線ANAに乗り換えるための待ち時間約1.5時間を利用し、ドイツでの最後の買物

    (ユーロの小銭を消化のため)を2班に分かれて実施。

    これといった家人への土産もなく(ごめんなさい)、ドイツ州旗のキーフォルダーを購入する。

    (小銭を使い切れなかった)

    6. 日本への帰国























    ANAの機内食。久々の日本食を頂きます。 


    そして、成田に到着。Nさんのご子息にパチリ。

















    以上、お疲れ様でした。(旅行編完)

    あとがきを記録しています。

    次号にその経緯を記します。

    つづく
      


  • Posted by マーク内田 at 09:57Comments(0)ドイツサイクリング事情
    新規投稿

    新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
    < 2011年11>
    S M T W T F S
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30      
    オーナーへメッセージ
    アクセスカウンタ
    プロフィール
    マーク内田
    マーク内田
    東京サイクリング協会(任意団体・創設58年)にて、サイクリングの企画、運営、参画とFacebook、ブログ、ツイッター等で楽しんでいます。
    読者登録
    メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
    現在の読者数 2人
    QRコード
    QRCODE